新築外構成功の秘訣は?

新築時の外構工事成功実話です。

弊社お客様、吉野様(仮名)の実話です。

新築を建てる時に、一生懸命考えるのが間取り、内装、外観、水まわり。。。ショールームへ足を運んで、ハウスメーカーさんと何度も何度も打ち合わせをして、
あ~がんばった、これで全部の仕様が決まった。とホッとしていた時ハウスメーカーの担当さんからこんなお話が。

「そろそろ外構工事について打ち合わせをしたいのですが」

「え?外構工事って何ですか?」
「駐車場や門やお庭の事です。そろそろ打ち合わせをさせて頂きたいと思いまして。。。。」

そういえば、駐車場の位置までは考えていたけれど、家の事ばかりに気が向いていたけど、外の事は気にしていなかった。。。

家を建てる事に、一生懸命考えに考えた吉野さん。もう考えることに容量がいっぱいでした。

「私の家に合う外構でお任せでお願いします。ウッドデッキだけは欲しいので入れておいてください。」

「わかりました。とりあえずうちの紹介先の外構やさんにプランを出してもらってみますね。」

少しの要望と予算を伝えて数週間待ちました。

数週間後、外構工事のプランが、出来上がってきて見てみると、何ともお粗末なプランに驚きました。

新築時の外構失敗例

新築時の外構 ありふれた外構(仮想プランです)

駐車場はコンクリートだけの駐車場に、門柱は棒のようなものに表札とポストがついている。

ウッドデッキはついているものの、小さすぎてこれで使えるのかと思いました。

 

「すみません。プランを変更してもらいたいのですが。。。」

 

 

吉野さんは自分の希望する事を伝えて、数週間後に打ち合わせをすることに。

気持ちを新たに期待して待つことにしました。今度ばかりは希望も伝えているし、きっと大丈夫だろう。。。

失敗例2

新築時の外構 変更しても。。。(仮想プランです)

変更してもらったプランを見てみると、前よりはよくなったもののデザイン的に、どことなくぱっとしない。

自分の描いていた夢の家はこんなんじゃない。

吉野さんはそう思うようになりました。

もっとこう、言葉にはできないけれどおしゃれにできるはず。。。

別の人にデザインしてもらったら、もしかしたら。。。。

「あの~もし可能ならなのですけれど、外構工事だけ別で頼んでもいですか?」

「あ~はい、大丈夫ですよ。」

以外とあっさりハウスメーカーの担当さんもOKと言っているし、それならば外構工事だけは別で注文しようと決めて

吉野さんはインターネットで外構屋さんを探すことになりました。

施工事例を見ていると素敵な事例がたくさん載っているので、ここだと思い電話をかけてみました。

そこで私たちハヤマホームと出会うことになったのです。

最初吉野様からはお電話でご予約を頂き、弊社の事務所にてイメージのすり合わせを行わせて頂きました。

じっくり時間をかけてお話をお聞きし、吉野さんがどんな家に夢をもっておられるのかしっかりお聞きできました。

数週間お時間を頂いて試行錯誤し、その後数回の打ち合わせを重ねて色々とシミュレーションを行い理想の外構プランが生まれました。

その後の吉野様のご感想はお客様の声をご覧ください。

実は外構工事はハウスメーカー以外の別の業者で注文してもよい

新築時に外構工事だけを分離して注文することは何となく気が引ける人もいるかもしれませんが、実は外構は別の業者に注文しても一向に構わないものなのです。

むしろ、別で注文してくださいと紹介してくれるハウスメーカーさんもあるくらいです。

中にはプランも何も決まっていないうちから、50万円分だけ外構工事費がセットにされている場合もありますが、

おおむね駐車場のコンクリート代とお隣さんとの境界ブロックフェンスくらいまでで、あとは追加として別料金という事が多々あります。

どうしても頼まないといけないとしたら、部分的に最低限だけ注文して、それ以外は別の外構エクステリア専門店に依頼しましょう。

さて、ハウスメーカーさんでは、どうして素敵なプランを作ってもらえないのでしょうか?

ハウスメーカーさんはもともと家を建てる専門家で、外構は専門家ではありません。

積水ハウス、セキスイハイム、ダイワハウス、一条工務店、住友不動産、ヘーベルハウス、パナホーム、トヨタホーム、ミサワホームなどなど。

家の事は専門なので、詳しくあれこれ提案してくれますが、外構となるとよくわからないので、外構業者に丸投げという事が多々あります。

でも、ハウスメーカーご紹介の外構屋さんなら専門家じゃないの?と思われるかもしれません。

もちろん専門家です。でも、あなたの希望するプランを作ってもらえないのはなぜでしょうか?

ハウスメーカーさんの下請けをすると、毎日膨大な量の仕事を頂きます。

有難いことなのですが一人で現場の管理に、見積もり、プランの製図と何十件とこなさなければなりません。

その膨大な仕事量に追われて、どうしても、あなたの夢を描く仕事に力を注ぎきれない。

それが、素敵なプランを作ってもらえない原因なのです。

ハウスメーカーではなく直接外構専門店に依頼することが、あなたのお悩み解決策になります。

(仮想プランです)

新築時の外構工事は専門店に注文する5つのメリット

1.あなたの外構エクステリアの計画に真剣に考えてくれる

外構エクステリアを専門としている会社の中で、ハウスメーカーの下請けをしていない会社は時間にゆとりがあります。

日々真剣に外構エクステリアを考えたいお客様だけを対応しているので、何十件という見積業務に追われていません。

私たちハヤマホームでは、じっくり時間をかけてあなたの理想のプランはどんなものか考えるゆとりがあるため

理想のデザインに設計させて頂くことができます。

 

2.中間マージンがない分、不要なコストが抑えられる

大手ハウスメーカーさんに頼むとどうしても大きな会社を維持するための莫大な経費がかかります。

高価なタレントを起用したテレビCMや広告、豪華な住宅展示場、有り余るほどの正社員、株主への還元するべき利益などなど

大きな会社を維持するためには、大きな経費がかかります。そのためお手ハウスメーカーさんの外構エクステリア工事費は高くついてしまいます。

ではハウスメーカーさんに、紹介としてもらって、外構エクステリア業者さんに直接工事をしてもらえば、中間マージンがないのでは?と思われるかもしれません。

実はその場合も中間マージンの代わりにバックマージンがあり、結果的には同じ経費を上乗せした金額になってしまうのです。

私たちハヤマホームは高価な宣伝広告はしておりませんので、中間マージンにあたる不要な経費はなくても、運営できます。

もしも、仮に同じコストをかければ、ワンランク上の内容で理想のエクステリアができあがります。

同じくらいの内容であれば2~3割程度コストを抑えることができます。

(費用についての根拠としては当社で実際に新築時の外構工事をしてくださったお客様から直接お聞きしたお話に基づいています。)

大手のハウスメーカー(積水ハウス様・セキスイハイム様・三井ホーム様等)よりは安く、ローコストハウスメーカー(関西住宅販売様等)または、激安外構工事店(ガーデンプラス様等)よりは高いそうです。

3.デザイナーと直接話ができるので、想いが伝わりやすい

ハウスメーカーの営業さんを通して話をしていると、どうしても伝言ゲームになります。

営業さんも一生懸命伝えているのでしょうけれども、先ほどご紹介した通り、外構エクステリアの業者さんは何しろ忙しく全てを聞き取れているわけではありません。

理解の食い違い、想いの違いなどすれ違いが、あなたの理想とは違ったプランになってしまいます。

しかし、デザイン設計を描く人に直接話ができるとしたら、どうでしょう?

あなたの理想を思い描く内容が直接反映されす。プランの内容を具体的に詰めていけばいくほどに中身の濃い生きたデザインになることでしょう。

 

4.しっかりとした保証が受けられる

もしかしたら保証について、外構エクステリアもハウスメーカさんに依頼したら安心だと思わていませんか?

10年保証。この言葉を鵜吞みにしてはいけません。家の雨漏りや構造体に関わることは10年間ですが、実は外構エクステリアは10年ではありません。

ほとんどのハウスメーカーでは私たち外構エクステリア業者と無料の保証期間については、大差がないことがほとんどなです。

また、ハウスメーカーさんでの保証といっても結局は下請け業者さんがすべてを担っています。

そのため、何か不具合があってから見に来てくれるまで1週間待たないといけないこともあります。

私たちハヤマホームでは、万が一の不具合の場合も、ご連絡頂いてから3日以内を基準にまず状況を把握するために現地へ訪問します。そして、できるだけ迅速に行動し保証させて頂いております。

 

5.納得のいくおしゃれなデザインでかつ強度バツグンにできあがる

一番大切なデザインと強度。外構エクステリア専門店に依頼すると、あなたの希望を最大限に引き出したデザインで設計します。

色、形、ライン、植栽、夜のライトアップに至るまで一緒に練り上げていく時間は本当に楽しい濃密な時間になります。

また、ハウスメーカーさんでは結局は下請けの外構業者さんに丸投げになります。担当の営業さんも見てはくれますが専門家ではない人が見ているという品質は本当に大丈夫でしょうか?

例えばブロック塀には強度上基礎(鉄筋とコンクリートで作るものです)が絶対必要ですが、

ハウスメーカーさんで外構工事をされた方のブロック塀をリフォームで取り壊していると、ときどき基礎がないブロック塀に出会うことがあります。

私たちハヤマホームでは考えられないことですが、基礎工事をせずにそのままブロック塀を作ったのでしょう。ブロック塀を壊せば、その下に鉄筋とコンクリートがあるはずが、土が出てくることが本当にあるのです。

担当の営業さんは選べても下請け業者さんは選べませんので、残念な結果になっているのだと思います。

また過剰な宣伝費の協賛費(いわゆる協力値引き)のせいかもしれません。

私たちハヤマホームでは、過剰な広告宣伝をしない分、品質にしっかりとコストをかけることができるので、バツグンの強度で、出来上がります。

安全を第一にした強度こそが最も大切な品質と考えておりますので、しっかりと基礎工事を行いますので、バツグンの強度で仕上がります。

 

ぜひ、安心して私たちハヤマホームへご相談ください。

フリーダイヤル:0120-395-218

お問い合わせフォームはこちら

PAGE TOP