外構も寒さ対策をお願いします。

寒さ対策について

みなさん、こんにちは。今年一番の寒気がやって来るようです。

 

寒気予報2023
2023天気予報

画像:ウェザーニューズ

神戸や明石でも氷点下まで気温が下がる予報になっておりますので、外構も寒気対策をお願い致します。

  1. 外水道の対策
  2. カーポートの対策
  3. 門扉、カーゲートの対策

1.外構の水道の対策について

不凍水栓柱2023
水道タオル

不凍水栓柱で、水抜きが付いている場合は、柱上部の水抜き栓を開けて柱内の水を抜いてください。

ない場合は、蛇口と柱を、タオルや毛布などで巻いて凍結防止対策をお願いします。

タオルなど巻かずに水を出し続けた方がいいのでは?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、確かにそれでも大丈夫ではあります。

しかしながら、水を出す量が難しいので、慣れていない方はタオルや毛布での凍結防止対策をおすすめします。

水の出しっぱなしについては、少なすぎても効果がありませんので適量が必要になります。

外構の場合出した水が凍結して氷になり、翌朝滑って転んでと悲しい結果になることもありますので、保温対策の方がお勧めです。

給湯器タオル

それと外においてある給湯器も心配です。

もしも保温管が巻いてない個所がある場合は、可能であれば、給湯器の根本にもタオルを巻いてあげると凍結防止になります。

2.カーポートの対策

これは雪が降ってくるかもしれない時の対策です。雪は夜中に降ってくるので、明るいうちに取り付けておきましょう。

前回の大寒波の際、雪の重みで全国的にカーポートが倒壊しましたが、サポート柱を付けていた方は大丈夫だった結果が出ています。

カーポートサポート柱

もしも、雪が降ってきた場合無理には触らず、翌朝まで待ちましょう。

カーポートの積雪対応について

太平洋沿岸部では積雪に関してカーポートは20cmまでは耐えられる製品が推奨品になっておりますが、20cmを超えますと荷重に耐えきれず傾いてしまいますので積雪がひどい時は、ホウキやガンジキなどで雪を取り除いてください。

3.門扉、カーゲートの対策

こちらは風と雪の対策です。オーバーゲートは完全下まで降ろして閉めてください。開けたままにしていると、雪の重みでアーム部分が破損してしまいます。門扉は落とし棒を落として、しっかりと閉めてください。

オーバードア
ナチュラル&ラグジュアリーな外構

明るいうちからしっかりと対策をして頂いて、1件も被害がない事を祈っております。

関連記事

  1. 植栽あふれるナチュラルガーデン
  2. プライベートリゾートガーデン
  3. 水盤リゾートガーデン01
  4. オールグラスポーチ
  5. 和モダンJ
PAGE TOP